トップページ > 協会について> 代表挨拶 


ameba blog



 
★:本部講師講座
◎:認定講師講座
 

★【大阪】
 詳細

★【東京】
 


 


★【大阪】
 詳細

◎【京都】
  2月26日(日)
 詳細

◎【愛知】
   3月5日(日)
 詳細

◎【栃木】
   3月7日(火)
 詳細

◎【大阪】
   3月8日(水)
 詳細

◎【兵庫】
   3月28日(火)
 詳細
 


★【大阪】
 詳細

★【東京】
 詳細

◎【愛知】
  2月26日(日)
 詳細

◎【東京】
  3月5日(日)
 詳細

◎【兵庫】
  3月6日(月)
 詳細

◎【大阪】
  3月18日(土)
 詳細

◎【愛知】
  3月18日(土)
 詳細

◎【兵庫】
  4月2日(日)
 詳細
 


★【大阪】
 詳細

★【東京】  
 詳細

◎【奈良】
  3月19&20日(日月)    
 詳細

◎【東京】
  4月3&4日(月火)    
 詳細
 


 *全3回*
★【大阪】第1回
12月17&18日(土日)
★【大阪】第2回
1月21&22日(土日)
★【大阪】第3回
2月18&19日(土日)
 詳細

★【東京】第1回
1月14&15日(土日)
★【東京】第2回
2月11&12日(土日)
★【東京】第3回
1日目:2月4日(土)&3月12日(日)
2日目:2月5日(日)
 詳細
 


代表挨拶

「食べたものからでしか身体はつくられていない!動かない!」
「健康でなければ、スポーツをがんばれるわけがない!」

楽天優勝の原動力となり、ヤンキースに入団したマー君こと田中将大選手を支えた、奥さまの里田まいさんの作る食事が話題となりました。
リオオリンピックでも、グルテンフリー等を取り入れたりと、多くのオリンピック選手が食を改善しパフォーマンスがアップしたと、メディアで取り上げられました。
本協会が提唱する「健康栄養からのスポーツ栄養」は、ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング博士が提唱する分子整合栄養医学を元にしております。
テニス界の絶対的王者である選手や、ドイツのプロサッカー界でも取り入れられている理論です。
そして、近年、大学や栄養士養成学校でも「スポーツ栄養学科」が設立されており、食が競技力アップに 繋がるということがクローズアップされ始めています。
私自身、バスケットボールの選手だった学生時代に、怪我の連続で選手生命が絶たれた悔しい経験をしました。
その時に「スポーツ栄養」の事を知っていたら・・と悔やまれてなりません。
スポーツ選手をサポートしてきた15年の経験の中で、栄養を改善することによりパフォーマンスをアップした選手がたくさんいます。
高校大学で日本一を成し遂げた選手。
筋肉の怪我が多くチームを離脱しがちだった大学サッカー選手は、食事指導後半年ほどで凸凹だった筋肉が質の良い筋肉に変わり、高いパフォ-マンスを維持し、その後Jリーガー への夢をつかみました。
そういった経験から、一人でも多くの選手に
「スポーツ栄養で、怪我を防ぎ、120%の力を出せる健康な身体を作ることができる」
という事を、もっと知っていただきたいのです。

「一人でも多くの人に伝えたい」 
この想いで、協会の設立に至りました。
この想いに共感していただけ、同じ夢を持つ多くの「スポーツ栄養コンデイショニングアドバイザー」の皆さんが、日本各地で活躍し、「スポーツ栄養」を普及していってほしいと願います。
怪我を防ぎ120%の力を発揮できる人が増える事により、その選手の人生も変えられるのです。
それが日本のスポーツ界の発展に貢献し、日本の元気と笑顔に貢献することに繋がると信じています。
こうして、数多くの選手と喜びをともにし、感動と勇気をいただいてきました。